心温まるやりとり
index
menu
   

本日、同僚(某田中実)の対応。ネタ転用了承済み。

「大変だ!インターネットエクスプローラーがネットスケープになっちゃったんだよ!」

……は?

「だから、IEなのにネットスケープが立ち上がってしまうんだよ!!」

……お客様、状況が少々わかりかねますので、落ち着いて説明していただけますでしょうか?

…結局、ファイルの関連付けとかそーゆーレベルですらなくて、IEのスタートページがNetscapeのポータルサイトになっていただけの話だった。脱力。

 
 
   

「トップページを1枚作って転送しただけで、『容量オーバー』ってエラーが出るんですけど…」という問い合わせを受け、お客様のサイトスペースをいざ、確認。

ん?1枚だけって言ってたけど、結構入ってるぞ…。…えーと…『autoexec.bat』…えぇっ?……『msdos.sys』…おおぉっ!?

こ・これは…WINDOWSのシステムファイルの数々!!ああっ、『My documents』とか、数々のおなじみのフォルダがっっ!さてはお客様!自動転送ソフトの転送元フォルダ設定をシステムドライブのルートに設定しましたねっっ!!

まさしくこれは「俺のパソコンを見れーっ!!全てを見てみれーっ!!!」状態!

ある意味世界に向けた自己表現!!ふっ、まけたよ、あんたにゃ……

 
 
   

電話が繋がるなり怒っているお客様。「メールが出来ない!!」とヒステリー気味な親父さん。

ひとまず設定をチェックして、単純なミスがあったので修正、送受信のテストを行います。

「これで出来なかったら…時間取らせやがって…ブツブツ…」なんかまだほざきやがってらっしゃいますが、確実に成功するとは限らないので、どーとでも取れるような言葉で流します(笑)。

そして…「おお?なんか送信が終わって受信中…お?…おお?『まだメール来ないぞー』(棒読み)…おおっ!娘からのメールが来てる!!来てるよ!!やった!ありがとう!助かったよ!」

…いえー、とーんでもないです。これでメール、お楽しみいただけるかと…

「いや、ありがとう!あんた、たいしたもんだ!!

娘さんからのメールだとわかった瞬間の声の変わりようったらなかった(笑)。ってゆーか、そのメールが無かったらここまで喜んでもらえなかっただろうな。ありがとう、お嬢さん!!

 
 
   

その1

では、マイコンピューターをダブルクリックしていただけますか?

「どの?」

…マイコンピューターと書かれているアイコンです。通常ですと画面の左上にあるかと思われますが?

「だから、マイコンピューターをどのダブルクリック?

……??

「あるでしょ?右・右とか左・左とか右・左とか。」

すいません、初耳です。でも一応「では左・左でお願いします。」と案内した(笑)。

その2

では、お使いの機種名を教えていただけますか?

「富○通FMVビグロです。」

すいません、モビルアーマーは専門外です。

 
 
   

例の『東○』以降、クレーマーが余計な悪知恵を付けやがってらっしゃいまして。

電話が繋がって開口一番、「○芝のようにはなりたくないよな?」とかほざく親父がいたりします。ありがちですねー…「ホームページに書かれたくないだろ?」だそーです。私、まだ何にも喋ってないのですけど(苦笑)。

ちなみに、こんな風に脅しかけてきても、対応は良くなりません。ってゆーか、むっちゃおざなりになります(笑)。逆効果ですので気をつけましょう(えー)。

でも、お客様ですから、出来る限りの対応はさせていただきます。内心では「ホームページを作って告発ですか?半角と全角の区別もつかないあなたが?うーん、それって逆に、とっても見てみたい気がする…ってゆーか、自分でログインIDとメールIDを間違えたぐらいで脅迫してくるようなあなたが、他のプロバイダでアップするトコまでこぎつけられるとは、とっっても考え辛いんですけど。それともウチに『アップできない』とか問い合わせてくるんでしょうか?」等と考えてたとしても(笑)。

ええ、お目当てのエロサイトまでばっちりご案内いたしましたさ。

 
 
   

20日の日記、「俺のパソコンを見れーっ!!」ってのは妙に受けましたな。で、今日そのタイニィ版とも言うお客様に同僚の田中実某が対応しました。

どんなんかと言うと、サイトのファイルをデスクトップに置いてたお客様がデスクトップを全て転送。

色んなショートカットがどひゃーっとあって、普段どんなアプリ使ってるかバレバレ(笑)。でも、エロゲーのショートカットとかは無くて良かった良かった(えー)。

 
 
   

当たりの悪い日と言うものはあるもので。廻ってくる依頼書がことごとく『ヤバイ感じ』だったりすることがあります…(泣)。

「横柄極まりない方です。OSが立ち上がりませんが、この状態で何とかインターネットに繋げろ、との事です。」

「IEをまず空白ページで開きたいとの事。『空白を使用』ボタンをご案内いたしましたが、激怒されていて聞いていただけませんでした。」

「状況をお聞きしたところ、あなたには関係ない!との事でお伺いできませんでした。対応お願いします。」

「女性の対応お断りだそうです。」

「超初心者の方。興奮されていて、訳の判らないことをわめき散らしています。」

……助けてー!

…ちなみにこの日、同僚は『プロバイダが日本の将来のために行わなければならない役割』について2時間もお客様の講義を受けていたそうです(えー)。

 
 
   

「ケーブルがウィルスに感染しているみたいなんです!」「ははあ、器用なケーブルですねー」…というセリフをぐっと飲み込んだ。

「近所の高校生が私のパソコンをハッキングしているんです!」……やぱっ!電波系?

 
 
   

(う〜、この症状はどうも、モジュラーケーブルが原因のような気がするなあ)…恐れ入りますが、ケーブルの状態を確認させていただきます…コンピュータの裏側になると思いますが、電話線はどこにささってますか?

「は〜い、確認してみま〜す…」

どがしゃぁ――ん!!「きゃぁぁぁー!」

ど、どうされましたか、お客様ーぁ!!?

「コ、コンピュータ、落っことしちゃいました…(泣きそう)」

うひゃーっ!!?(思わず叫んでしまった)…あ、し、失礼いたしました…ま、まだ動きますでしょうか…?

(しばらくいじって)「ダメみたいです…(泣き声)」

そうですか…修理に出す必要があるかと思われますが…

「…わかりました…(泣)」

涙なくしては語れないよ……(泣)

 
 
   

…?少々確認いたしますけど、お客様がお使いのOSはWindows98とお伺いしておりますが、間違いないでしょうか?

「はい、そうです!」

…?恐れ入ります、PCの画面に『WindowsCE』とか言う文字、ひょっとして書いてないでしょうか?

「はいっ、書いてありますけど?」

……

「……?」

WindowsCEについて簡単にご説明しました。すると……

「ええええっ!?これ、違うんですか?Windows98じゃないんですかぁっ!?」

(…ひょっとして、だまされて買ったのかなあ………)

「そんなああああ!!(半泣き)」

涙なくしては語れないよ……(泣)

 
 
index
next
menu