menu
index
back
   

1999/11/14

『象が踏んでも壊れない』!!

…と、言うCMが昔あったらしいのはよく聞く話じゃよ?

「…よく聞くかどうかはともかく、そーゆー筆箱のCMはあったらしいね」

うん。実際に見たことは無いし、それが事実なのかどーかは知らないけど。

「…で、それがどうかしたん?」

シャーペンの芯のCM!!

「へ?」

私が子供の頃からずーっと、シャーペンの芯のCMはなんかインチキくさい!

「あー、消しゴムにシャーペンごと刺してびよんびよん揺らしたり他社製の芯3本と戦って相手を根こそぎへし折ったりするアレ?」

そうだ!あのCMのせいで、私は一体何本の芯を無駄にしてきたことかっ!

「ってゆーか、子供の頃からずーっと試してきたわけ?」

そう、いつか真の芯が現れることを夢見て…

「あほう」

アホとはなんだっ!そんな芯が現れた暁には、私はこのサイトで大々的に宣伝してやろうとまで思ってるのに!

「ってゆーか、筆箱のCMと同様に真に受けるほーがどーかしてるって!」

いや、筆箱のCMはインチキとは言い切れない!なぜなら実際に象を持ち出して踏ませることによる証明は…

「いーかげんにしなさい!」(すぱーん!)

 
 
   

1999/11/29

おっす、オラぱそぴあ!

趣味は小動物を握りつぶすことだ!

「な、なんですか、いきなり」

いや、自己紹介のページもなんか飽きてなー。何か面白いネタでもないかと模索してるところなんだけど。

「……プロフィールにギャグは要らないと思いますけど。」

おっす、ウチぱそぴあ!ダーリン愛してるっちゃ〜!

「要らないっちゅーに!ってゆーかダーリンって誰!?」

それは言えないな、サマンサ(会場から笑い声)

「ってゆーかサマンサって?会場って何!?」

…やっぱり、あのダーリンはダーリンって名前だったのかなあ…?

謎が謎を呼び、空手はブーメランと結びつく!次号、『ポケットの中でつぶれたアロンアルファのチューブ』!期待して待て!!

「…オチは?オチはどこっ!!」

 
 
   

1999/12/01

焼肉食べに行って帰ってきたら、眼鏡(コンタクトだと煙がきっついので)がはねた油ですっごく汚くなっててびっくり。顔や髪にもそーとーはねていたんだろうな。あらいやん。みなさん、歯を磨くだけじゃ足りません。いきなり風呂に入っちゃいましょう。そして湯上りたまごハダ。

「何者ですか、あんたは。」

んで、風呂上りにビールなどをごっきゅごっきゅやりながらテレビなんぞを見てたわけですが。CMに突っ込みいれてる自分に気付いてちょいブルー入ってたり。

「一人でそれをやってるのは、確かにサムい図です。んで、突っ込みって?」

赤ちゃんの尻にかじりつくCMがあるじゃん。

しかも恍惚とした表情で。

「…あれは、かじりついてるわけじゃ…」

アレは2重3重の意味でやなCMだと思うがどうか。赤ちゃんの尻をかぷっ!oh…けれ〜る…。

「赤ちゃんはケレルとは言いません。クォークと泣く事はあるらしいですが。」

それと、携帯のCMってどーしてみんな、あんなに挑発的なんだっ!?『え〜、持ってないの〜?』的なのばっかり!喧嘩売ってんのか、っらあ!不良サラリーマンなめてっと泣き見るぞ、んっだらあっ!!絶対にてめーんとこのなんか買ってやんないもんねー、ふーんだ!!

「そーゆー大人気ない人はターゲットに入ってないんだと思うのですが……。」

と、まあこんな感じでテレビに対して怒ってたわけやね。

「ははあ、で、そーゆー自分を客観視しちゃったわけですか。そりゃブルー入る。」

んで、コレではいけない!と思って…

「思って?」

『めきモリ2』を始めました。

「もっとダメじゃん!」

失礼しましたー。

 
 
   

1999/12/03

今日は大雪で服を買いに行く予定が駄目になってしまった。むかつく。

除雪車と隣の家の路上駐車のおかげで家の前はとてつもない雪山が出来上がってたし。風邪が悪化して喉が痛いし。下手な運転のRVが死ぬほどでけえ面して我が物顔で走ってるし!!

「ほんとにRVが嫌いなんですねー。」

モノによるけどなっ!不必要にフォグランプを点けてるのはイヤだ。まぶしいんじゃいっ!自分の車高がバカ高なのを考えてくれっ!せめて信号待ちのときくらい消せっ!!ってゆーか、何の為に街中で点けるかっ!!?

「自分の車の車高が低いから余計まぶしいだけじゃないですか。それって、自分が原因でしょう?」

それだけじゃないっ。ただでさえ雪で道が狭くなってるのに、連中の図体は大きすぎる!その上車幅感覚がしっかりしてない人も多いし。

「うーん……」

大体あんなのが道をふさいでちゃ、雪道の醍醐味である『どこでもドリフト』ができないじゃない!

「すんなー!!」

失礼しましたー。

 
 
   

1999/12/05

…こないだ、さすかッチ氏(ビグザム)の家に遊びに行って、例によって咲いたバカ話。

「携帯用DVDプレイヤーって、使えるのかねえ?」

「いっそのこと携帯LD、出ないかな(笑)。」

「でかいってそりゃ!携帯できないって。」

「昔、レコードプレイヤーでレコードを挟むような形の超小型プレイヤーがあったけど、あーゆーので出来ないかね?」

「CDの方がまだ…」(しばらくアホ理論が続く)

「…ちょっと待て。LDやCDが剥き出しで高速回転してたら、それって凶器と言わん?」

「し、しまったあ!!」

 
 
   

1999/12/06

今や怪我人や死人も珍しくない厚底靴ですが。

「季節柄、厚底ブーツになってきてますね。」

あーゆーのを履いてるおねーさんを見てると、誰もいない体育館に連れ込んで無理矢理あーんなことやこーんなことをさせたくなりますな。ムラムラと。

「きゃー。」

具体的には踏み台昇降や反復横とびだったりしますが。

「いたたたたた。」

 
 
   

1999/12/08

…昨日見た夢の話をしよう。

「うわ!夢ネタ!最低!くず!落ち目!」

……………私はなぜかエイリアンと戦っているのだ。

「おおっ、めげてない。」

なにやら見知った顔もいっしょに戦っていたような気もするが、お約束どおりに全員食われて行きおったわ。はっはっは。

「鬼ですか。」

で、私一人生き残ったわけだが…そこで、はた!と気づいてしまったのだよ。

「何にですか?夢をネタにする恥ずかしさにですか?」

……。いや、『んー?ひょっとして、これって夢?なんか夢っぽいなあ。』と。

「ほほう。で、夢と気付いたあなたはどうしたんです?やっぱり欲望のおもむくまま妄想を張り巡らしたとか?」

いや……、『夢なら別に無理して逃げ回ってもしょうがないなあ。いいや、食われちゃえ』と、大量のフェイスハガーに食われて夢が終わった。

「…夢の中でまでやる気がない…いったいどこまでダメ人間なんですか…」

実は、自分でもちょっと悲しくなった…

 
 
   

1999/12/09

ここ数日、大雪と吹雪に悩まされていた札幌ですが、昨日の夜からいきなり雨が降りやがりまして、とんでもない状況になってます。

「あうー、ぐちゃぐちゃです!めたくたです!」

試しにマイマッスィーンで外を走ってみましたが、2、3回は『あわや脱出不可』という事態に陥りかけました。スポーツカーはこーゆーとき、あまりに無力です。

「ちょっと見れば試すまでもないと思うのですけど。」

わかっていても試さなければ気がすまないのが、チャレンジャーと言うもの。

「そーやって子供のころから、扇風機に指を突っ込んだり走行中の自転車の車輪に足を突っ込んだりしてきましたっけね。」

…それは置いといて。……しっかし異常気象だ!毎年毎年こう叫んでるような気がするけど、今年も叫んでやるう!

「ホワイトイルミネーションもぐちゃぐちゃですねえ。昨シーズンの『北へ。』論争が思い出されます。」

詳しくは過去の日記参照のことね。確か4月ごろ。

ほいでまあ、今さっき除雪車が家の前を通りまして。

「あれは民家にとっては敵になりかねませんよねえ。」

うむ。今日も例によって大量の雪山が築かれようとしていたので、外に出て除雪作業をじいいいーっと見守ってやった。するとどうだろう!むっちゃ綺麗に持って行ってくれたではないか!

「…かわいそうに。作業してた方…。」

ふっ、私の風邪も悪化したがな!!

「……」

 
 
   

1999/12/11

前に勤めていた会社の、新人研修での出来事。

初日の夜と言えば、お酒飲んで色んな話をして盛り上がるのが常。で、ありがちな話題として、恋愛関係なものもあったりして。

私も含めてみんなで色々とそーゆー話に花を咲かせてると、出会った頃の話になってきました。当然、私にも振られるわけで……。

「聞きたい?」

「うん、聞きたい。」

「じゃあ話そうかな♪」

「うんうんっ。」

「出会いは……」

「出会いは?」

「スローモーション〜♪」

袋叩きにあいました。ええ。

 
 
   

1999/12/13

ニュース見てて思わずずっこけてしまった。

「なにかすごい事件でも?」

商工ローンを、『商えろーん』と読んでしまったのだ。

「あほくっさー!」

いや、報道番組もアレで、なかなか侮れないね。

「あなたが勝手に読み違えただけじゃないですか。」

いやいや。最初にあの略称を編み出した人は、きっといつかそう読まれることを考えてワザとああしたに違いない。

「根拠が全くありませんけど。」

だって、ただの偶然にしては『ボルタック商店』位に出来すぎてるじゃないか。

真面目なニュースで突然出る『エローン』。ギャグとして考えるとこのインパクトはすごい!やるなあ、こっちも負けていられないぜ!

「だから、それって根拠になってませんって!全く、何を一人で勝手に盛り上がってるんですか。」

えろ−ん!

「あーあ、今日は真面目なことを書こうと思ってたのに、読み違えひとつで…」

 
 
index
next