daily column
   

突っ込み・質問・ご意見ご感想・お悩みその他。コラムでネタにされる可能性大でス。要覚悟(えー)。

お名前(任意):
 
 
index
2001/09a
menu
      
08/31 

<休み時間は戦いの場>

こんっばんはー!ぱそぴあ姉さんですよーっ!

なんだか色々あって、ネット上は騒がしいね!自分のサイトの平和さがなんだか申し訳ないよ!でもまあそれは置いといて(えー)、久しぶりにいくよーっ!ぱそぴあ姉さんのお便りッコーナァー!!

>木本さん

8月25日のコラムに関してですが、わたしの通っていた学校では、「消しゴム落とし」というものが流行っていました。

消しゴムを指で挟みこむように伸ばして(消しゴムを曲げる感じ)、その反発力で消しゴムを飛ばし、机の上の相手の消しゴムを落とす、という遊びです。

人数は2〜5人の時が多かったですね。

一つの机で5人は結構窮屈なんですけどね。

略して「けしおと」。

ボールペンでレースをする遊びと大きく違っているのは、消しゴムはどんな改造をしていてもOKというところです。

重量のある消しゴムを使っても、指でつついただけでも転がるような丸い消しゴムもOKで、さらには画鋲を刺して滑りをよくしたり(打たれ弱くなります)、ゴムの粘着力を利用して机に張り付けたりするのも認められていました。

ただし、指以外を使って消しゴムを飛ばすのは禁止事項だったようで、定規を使って飛ばしていた人は、開始早々に集中攻撃を受けて、一番先にやられていました(えー)。

この遊びの一番の弱点は、やはり、消しゴムが千切れたり、汚れたりする点です。

千切れた消しゴムは使いにくいですし、汚れた消しゴムで消そうものなら、逆に紙が汚れてしまいます。

そういった意味でも、勝負に負けないことは重要だったのではないでしょうか。

もちろん、けしおと用の消しゴムと、普段使う用とを使い分けていた人もいましたが。

実は、わたしはクラスで1・2を争うほどの命中率をほこっていた消しゴムシューターでした(えー)。

今考えると、なぜあそこまで流行ったのかは分かりませんが、良い思い出になったことは確かです…。

おおっ!『けしおと』ですか!知りません!(えー)

しかし聞いてみるとかなりなんでもありな戦いのご様子っ!テクニックのみを競ってたわたしらとは違って、チューンナップも含めた総合力の戦いなのですねっ!

♪だからチューン、チューンナーアーッ。よろしく俺にチューンナーアーッ。チューン、チューンナーアーッ。よろしくおーれーにー、チューウニーン♪

と思わず『よろしくメカドック』の主題歌まで出てくるほどのご機嫌さ!ステキですっ!(えー)

…ふ…しかし…『けしおと』なる戦いの王者がこのサイトにくるとは…!

何を隠そうこのわたしも、クラスでは有数の『戦争』のプロだったのですょ!

『戦争』とは!鉛筆のお尻を指で弾いてノートに線を引き、その線が敵を貫通すれば撃破!何回も繰り返して敵陣深く潜入し、王様を倒せば勝ちと言う過酷なゲーム!気をつけろ!川の途中で止まってしまったら、それは死を意味するぞ!パーティーアタックありありルールや、複数人対戦での密約など、血沸き肉踊る戦いが君を待っている!(君?)

ここで二人が出会ったのも何かの縁!しかし、拳でしか語り合えない二人が出会ったとき、待つのはやはり戦いしかないのであった!

というわけで木本さん、いつかゴム跳びで勝負だっ!!(えー)

 
 
      
08/30 

わぁー。連載してることなんてちーとも知らなかったけど、氷川へきるさんの単行本を見つけたので買ってきましたー。(『ぱにぽに』ってタイトル)

わたしはこの方の描くマルチがとてつもなく好きです。実にいじめがいがありそうな(以下略)

<ぱにぽにで思い出したコト>

ピザ屋さんでバイトしてた時のことですが(またか)、ご近所の高校に宅配したことがあります。

ええ。女の子数人で教室からのご注文で(えー)。

んんー。わたしも学生の頃に一度やってみたかったことなのですよー。最近の女子高生は度胸あるなーってゆーかうらやましい。

…でも、校舎から出て車に戻る時に、先生にとっ捕まって怒られちゃいました。

ぬう。だってわたしは前にここの職員室に持ってきたこともあるしごにょごにょ…

<アパッチ>

最近はゲーム雑誌もあまり買わなくなったわたしですが、久しぶりにドリマガなど買ってみたり。

で。テケトーにページを開いたところに合った画面写真が←なのですが、これってパっと見、どこぞの超人漫画の『僕の考えた超人』って感じじゃありませんか?(えー)

ってゆーか、本気でデジカメマンだと思っちゃって、「なんのゲーム?」と見出しを見てみると、絵が怖いことで有名な某ギャルゲーでした。

しばらく考えていたことは「このキャラには萌えないなあ…」で(えー)、気付くのに随分時間が。

 
 
      
08/29 

YU-SHOWさんが「自分のサイトはシスプリサイト」って主張している姿は、わたしから見てもなんか涙を誘うのですが気のせいでしょうか。誰も認めてくれないけど、真実は自分の心の中に、って感じでしょうか(えー)。そーいえばウチへのメールには「えっ!?YU-SHOWさんとこってどれみサイトじゃないんですか!?」ってのも来てましたっけ。

…ともに泣きながら行きましょうか(えー)。

<今日のはネタでもなんでもないですな>

千葉(あれ?埼玉だったかな?)から帰郷してきた姉と、なぜか一緒に服を買いに行きました。

途中まで一緒に歩いてたのですが、気が付くと姉がいなくなってます。

ちょっと探して発見。なにやらTシャツの前で悩んでます。

「どーしたん?」

「これ…」

と、真剣な顔で飾ってあるTシャツを指差す姉。

Tシャツは、なんかマッチョなシャチがペンギンを殴り飛ばしている絵がプリントされていました。

「…なるほど。」

姉は、重度のペンギンマニアなのです。ワンポイントでもペンギンがあるとついどんないらないものでも買ってしまうほどの。ペンギン博物館で飼育係のお姉さんと意気投合して何時間もペンギン抱いたりしながら(そして、同行者を完全に忘れ去って)話してるほどの。

「ペンギンが可愛いから欲しいけど、シャチが可愛くない上にペンギンを殴ってるのがイヤ」

…だそうで。

とりあえず、ほっとくことにしました(えー)。

自分の買い物を済ませてのんびりと戻ってみると、まだ悩んでます(えー)。

とりあえず、ほっとくことにしました(えー)。

ヘタに説得しようとすると、蹴っ飛ばされるので(えー)。

でも、後で迎えに行ったら蹴っ飛ばされましたが(えー)。

さて。

このペンギンマニアな姉は、同時に調味料マニアでもあり、旧車マニアでもあります。

……皆様。姉と一緒の買い物はやめた方がいいです(えー)。死ぬから!絶対!

 
 
      
08/28 

<非常事態>

お腹が天明3年の浅間山みたいなことになってるので今日はパス(えー)。

 
 
      
08/27 

<珍走団に対して道警が一発>

北海道警察が『声出し』に対して道交法を適用させたとの話。(声出し…珍走団が特攻服姿で円陣を組み、グループや自分の名前を叫ぶという儀式。)

この『声出し』という野生動物っぽい儀式ですが、こんなにも多く目にするのは、どうも北海道の珍走団のみらしいです。

なぜか。

それは、北海道の気候のせいなのです。

日本で唯一、亜寒帯に位置している北海道。地理の時間で「日本は温帯」と習ったにもかかわらず、教科書の気候分布図を見ると見事に水色に塗られた北海道を発見することができました。

そしてその冬は、実に厳しいのです。

……ちなみに、冬の北海道でもっとも強靭な生き物は、猛吹雪の中でも生脚で活動している女子高生です(えー)。

そんな冬。珍走団は女子高生よりも弱いので、冬の間の活動は停止しています。

しかし、ごく最近、冬にも蠢く輩が出現し始めたのです。それがいつぞやのコラムにも書いた『歩行珍走団』なのです!!

彼らは特攻服に身を包み、繁華街を歩き廻ります(えー)。そして円陣を組み、『声出し』をするのです。それが冬の間の彼らの活動なのです。

……書いてる方が情けなくなってきましたが、まあ彼ら自身は得意げなのでよし(えー)。

そして、この『声出し』が一般化し、夏にもごくふつーにやるようになった、というのが経緯だそうで。

目撃例のひとつに、「ブロロロロー!!」と叫んでたと言うのまであります(えー)。

どうも『超人バロム1』のファンがいるみたいですね(ええー)。

しかし、珍走しない珍走団ってのも不思議なものですね。『叫ぶ○○の会』とか名乗った方がまだ違和感が無いような気がします(えー)。

というわけでこの冬、北海道に来られるあなた!!「珍走団から珍走を取ったら何が残るかを実際に見学してみようツアー」を行ってみませんか!?

 
 
      
08/26 

いろんなサイトで書かれていることだと思いますけど、書かずにはいられません。

UNIX板の皆様、本当にありがとう…!ホントにプロジェクトXを観てるようでした…。

でも、この後どうなるんだろう…根本的な解決は…。

<ことら先生見てるかなあ>

えー。というわけでついでに、毛虫や蛆虫やフナ虫のごとく嫌う(えー)人も多い某巨大匿名掲示板のお話でも。と言いつつ実に狭い範囲、『先生スレ』で。

一時期よりかなり下火にはなっていますが、今現在でもかなりの板に先生スレがあり、おもしろおかしく動いてます。乱立されてた時期はわたしもかなり引いてたのですが、今は有効に使われてるところくらいしか残ってないので、安心して各板を廻れます(えー)。

ってゆーか、興味を持ったきっかけは、(恐らくサイズがちょうどいいからって理由でしょうけど)わたしの作ったAAが結構あちこちで使われてたからなんですねー。多少の改造を加えてたり、全然違うキャラとして使われてたりして、ROMに徹してても面白いのです。最近は自分の本拠地、顔文字板よりも色んな先生スレ廻ってる方がウェイトを占めているような…。

とりあえずよく観に行ってるのは、

でしょうか。最近見つけたとこではライトノベル校も面白いです。でも、こないだ書き込んだところ…なにやら大騒ぎになってしまいました。すいません(笑)。

でも、なんかこー、スポットライトを浴びる快感?(ええー)

ああ…(ハァ…)…顔文字板ではその他大勢のうちの一人に過ぎないこのわたしが…!って調子に乗る前に、ちょっと自粛しましょうそーしましょう。だって、このままだと田原俊(以下略)

 
 
      
08/25 

<レースをやる場合は、底辺に木工用ボンドを>

小学生の頃、ボールペンをチューンナップしませんでしたか?ワンタッチ式のボールペン。

なんのためのチューンナップかというと、それはもちろん勝負のため!車の形をした消しゴムを、ボールペンのお尻についたボタンの威力で弾き飛ばし、相手の消しゴムを机から落としたら勝ち!

そして、落とされた消しゴムは戦利品として奪われてしまうのです。ああ、勝負の世界は非情!

そのために、戦士達(えー)はチューンナップを行うのです。

ただし、暗黙の了解として、いじることが許されるのはボールペンだけです。例えば、消しゴムの底辺(タイヤ部分)に切れ込みをいれてグリップを増すとか、そーゆーのはタブーなのです。なぜか。

まあチューンナップと言っても、具体的には一本のボールペンに三本分のバネを仕込むとかなのですが。でも、ちょっとしたことで差が出てきます。

普段から不精してバネを入れっぱなしにしていては、いざ勝負と言う時に弱ってしまいます。

また、一時のパワーを欲するあまり、バネを手で伸ばして仕込む人もいましたが、一瞬を過ぎればノーマルよりもさらにへたれた運命が待つだけです。

あまりに強いパワーを仕込んでも、弾いた自分の消しゴムだけが机の外まで吹っ飛んでしまったりします。何事もバランスなのです(えー)。

…しかし、ある日…お金持ちで有名なK君が持ってきた巨大なランボルギーニ・カウンタックLP500型消しゴムにより、熱き戦いは終焉を迎えました…。

まあ翌日、その消しゴムは何者かによってバラバラに切り刻まれたのですが。

(ヒント:オリエント急行殺人事件)←えー

 
 
      
08/24 

例え逃げられたとしても、あなたってば有名すぎだし

<ラーメンが素晴らしすぎる食品であることは強くつよーく同意>

こんばんはー!ぱそぴあ姉さんですよ!元気だったかな?とりあえず週末なので、カラ元気になろうよ!カラカラカラ!←元気がカラ回りする音(えー)

さあ!今日も元気にお便りコーナー!いってみよー!

>GOLIさん

以前あった変なラーメン屋、で思い出したんですが。

富山の高岡にありがとうラーメンっつう変なラーメン屋がありました。

ちょいと気になったんで検索してみたんですが。

http://www.arigatou.co.jp/index.html

小さい店なのにオフィシャルページですね。

とりあえず黄色いヒトデがちょっとかわいいです。

あ、中身のほうは素晴らしい言霊にあふれた文章があるんで、読みに行く時は注意デス。つうかホントにラーメン屋ですか。変な宗教団体じゃねえだろうな。

ご安心ください!宗教団体です!!(えー)

や、少なくとも経営陣は少なからず電波入ってます(えー)。

『気』という漢字がすべて『氣』と書かれているあたりに、なんか伝記漫画とか宗教かぶれとかそーゆー影響が見えるような気がします。孔雀王、好きじゃありませんでした?(えー)

ってゆーかもう、会社概要のページからもうすでにかなり電波全開ですが、特にこのページの電波っぷりが素晴らしすぎてちりちりちりちりちりちりちりちりちりちりちりちりちりちりちりちりちりちりちり。

晴れた日は良く届くから。

「ありがとう」は単なる言葉の範囲を超えています。私達の存在全般にかかわる、宇宙の如き極めて偉大で強力なエネルギーの総体でもあるのです。それは言葉を超えた存在である言霊(ことだま)と言った方がよいでしょう。
「ありがとう」を<楽喜健>で(明元素)に言えるコツは、日常のチョットしたことにでも感謝・感動・感激(三感現象大発揮)していくことです。できれば、その<楽喜健>ぶりや<明元素>ぶりを、日記や手帳に書き留めておく。(中略)ある程度まとまったら、あなたにとっての三感現象大発揮集『ありがとう』を出版してみませんか……。あなたは改めてこう氣づくことこでしょう。「なぜ、もっと早くやらなかったのだろう。人生には、こんなにすばらしいことが、こんなにたくさんあるなんて考えられなかった」そうなのです。この人生、捨てたもんじやない。物の見方、考え方、生きる姿勢をほんの少し、良い方へ、楽しい方へ、明るい方へ、素直な方へ変えていくだけで(陽転思考)、こんなにも変化していきます。
呼吸疾患でもない限り、私達はタダで酸素を吸っています。そして、酸素ができるまでのこの地球のメカニズムやシステムを知ると、もう三感現象大発揮。もっと凄まじい数というか、連続があります。それは私達が今、生きている、存在していられるのは、その背後に膨大な数のご先祖様がひかえていること。100年前が16人。200年前が256人、500年前が104万8,576人。800年前が42億9,496万7,296人。1,000年前、平安時代中期まで遡ると、なんと1兆995億1,162万7,776人ものご先祖様がかかわっているのです。

このページ、『ラーメンのご紹介』ってコンテンツの中にあるんですけど…(えー)。

なんか一人で入るのが怖いラーメン屋さんですね。食べてるうちに意識を失って、気が付くと怪しい宿舎の中で「ありがとーありがとー」とブツブツブツブツ繰り返している自分に気付くのです(えー)。

でも、ラーメン屋さんってそーゆーの多いのかもですよ?(えー)

実は札幌市月寒にも、怪しげなラーメン屋さんがあります。名前はなんてったっけなー。『地球ラーメン』とかそーゆーご大層な名前だった記憶があります。店自体はいまどき懐かしい、小さなテレビと漫画本がいっぱい並んでる大衆食堂風。しかしメニューを見ると、いたるところに『愛』という漢字を見かけます。なんだか『信念』とか『大儀』とかってずらずらーと長文が書かれてます。

……怖い(あうあう)。

残念なのは、ネタにするにはあまりにわたしの記憶が怪しいこと。もう随分前に行ったので。

しかも、もう2度と行かないことが確定となってますので。…美味しくなかったから。

…ひょっとすると、ラーメンスープに命をかけるあまり、どっかイっちゃったのかもしれませんね。ここと、『ありがとうラーメン』さんは。

そう……味平に勝つためにブラックカレーを編み出してしまった、あの男のように…!(えー)

 
 
      
08/23 

どー見ても食われてるようにしか見えませんがどうか。

<ご近所では評判がいいわたし(えー)>

ここ数日のワイドショーを見て力なく笑っているみんな!握手しよっ握手!!(えー)

さて、世間的にはギャルゲーマー=犯罪者ということが確定事項となりました(えー)。

厳しいですねー。うー、厳しい。

例えばわたし。ワイドショー好みの要素を挙げてみますと、ギャルゲーマーで母子家庭で某ちゃんねる常連で茶髪でサイト持ちで、その上サイトでは幾つかの別人格を持ち、血に対する異常な執着心や、近親相姦をテーマにしたゲーム(ええー)への嗜好を見ることができる…おおっ!なんか本気で怪しいかも!(えー)

それはともかく、件のゲロ野郎の日記ですが、

5/31

同人ショップあきばお〜こくにて。

おんぷちゃん抱き枕を発見。

無償に欲しくなった。

セリオとおんぷちゃんで両手に花状態で寝ってるなームフフな感じだにゃー。

しかしタダでさえ金欠だってのに、あんな高いもの買ったら死ねる。

…というのがあったそうで。

…これって、セリオの抱き枕は既に持っていたってことですか?(えー)

 
 
      
08/22 

<ねえ、まだ引きずるの?>

引き続き、七夕ネタ投稿ざますー。

>夢幻さん

いつも読ませていただいてます(daily columnだけ(笑))

七夕を8月7日に行う地域がある理由ですが、そのひとつに7月7日が梅雨の真っ只中であり、せっかくの七夕なのに星空を見ることができない地域があるということがそれに当たります。

たとえば有名な仙台の七夕祭りも8月7日です。

東北は7月は梅雨真っ只中ですから。

……と習ったような記憶があるのですが、他の方はいかがでしょう?(^^;

ふむー、それも聞いたことがあります。

ただ巨大な問題として、『基本的に北海道には梅雨が無い』というのがあったりして。

梅雨がなーい。ゴキゴキいなーい。杉花粉症なーい。台風もこの辺までくると力尽きてるー。おおう!北海道こそ我がヘヴン!

とりあえずコラム以外も見てくれると管理人としては嬉しいですにょ(にょ?)。

>たちはらさん

あー、函館の方からの投稿が。

私が子供の時分には提灯持って歩いてましたよ。

函館の七夕が7月なのは8月に港祭りがあるからだと思われます。

港祭りの為にお盆も7月にやっちゃうくらいですから(えー)。

道新の調べによるとハロウィンとは関係ないらしいです。

というか、オヤジの住んでいた地域にはそういった習慣はないとの話だったのでずーっと函館だけのものだと思ってました。

すみません、好きです。<赤飯に甘納豆

港祭り!ってゆーかお盆まで捻じ曲げますか港祭り!!ご先祖様もいつ帰ってきたらいいのやら!

すさまじいお祭りのようですね港祭り!西洋なら、港祭りのためにクリスマスがずれるようなものでしょうか!全世界的には正月がずれるようなものでしょうか!

すごい!正月がずれるというのはどういうことかわかりますかっ!?

そう!地球の公転周期をもずらすということなのです!!(えー)

宇宙的パワーを持った函館の港祭り!これはちょっとすごすぎる!!イカ踊りを踊ってる場合ではないですよ函館の方!!(えー)

さすが、百万ドルの夜景を持つ街はあなどれない…っ!(えー)

ってゆーか赤飯に甘納豆入れるな!!(えー)

 
 
      
08/21 

<早いものだねぇヨボヨボ>

むむー。今思い出しましたが、来月21日で我がD4は3周年を向かえちゃいます。長っ!!

あー、なんか2周年の時に、「個人サイトは2年で寿命を迎えることが多い」って言って恐怖におののいてたのがウソのようですねー。

黒柳徹子にならなくっても、立派に3年目を迎えられそうですよー(ヤッター)。

とは言え、その間に閉鎖されていったお知り合いサイトも幾つもありました…(しんみり)。

きっと、徹子になるのがイヤだったんでしょうねえ…(えー)。

「やだっ!徹子になんか、なりたくないっ!」

「ばかっ!何を言うんだ!徹子にさえなれば、閉鎖は免れるんだぞ!」

「いやよっ!あんなのになるくらいなら、キッパリ閉鎖するっ!!」

「そんなことを言うんじゃない!君の更新を待っている人たちが、いっぱいいるんだぞっ!」

「だって!だって!徹子になってしまったら!元わたしの徹子が更新をするんだったら!それはもうわたしのサイトじゃない!!きっときっと、わたしの大事なサイトは徐々に『徹子の部屋』化していってしまうんだよっ!!そんなことになってまで閉鎖を免れて、何の意味があるのっ!!」

「……っ!!」

「だから!!……だから……わたしは閉鎖するの…。」

「…すまなかった…閉鎖することで一番悲しいのは、君だっていうのに…」

「…ありがとう…わかってくれて…。」

というドラマが、閉鎖されたすべてのサイトで繰り広げられていたのでしょう(えー)。

 
 
index
2001/08b
menu
page top