daily column
   

突っ込み・質問・ご意見ご感想・お悩みその他。コラムでネタにされる可能性大でス。要覚悟(えー)。

お名前(任意):
 
 
index
2001/08b
menu
      
08/10 

いー歳こいて、火垂るの墓観てそろって泣いている親子がここにいるっ!(えー)

<血まみれシリーズ第6弾っ>

にゃー!まだ終わってなかったこのシリーズ!マサルさんもかくやというほど赤い人生!

その日!南郷は飲んでいたっ!そーれはそれは飲んでいたっ!なにかというと、中学生の頃の同窓会だったのです!中学生!それは、青く、甘酸っぱい、まぎれもなく青春の日々!ドキドキジュニアハイスクゥライフ!よごれちまった悲しみもなく、バイクを盗むにはまだ早い時期!(えー)

というわけで盛り上がりました!飲んだ飲んだ!そして記憶を失った!(えー)

……気が付くと翌朝。自分の部屋のベッドの上でした。

全く何も覚えてません。二次会の途中までしか。

ぼんやーりとしばらく呆けた後、ふとベッドを見ると真っ赤

シーツが赤く染まっています。はて。なにかとんでもない過ちを犯したのだろうか(ベタ)と隣を見ても誰もいないし(えー)。

落ち着け、わたし。す ー は ー 。

よし落ち着いた。うん。

さて。落ち着いたところで自分の体を眺めてみると、服は昨日のまんま。ただし、色が少々変わっているような気もします。ふむう。でした。誰の?わたしの。

……ややっ!気付いてみれば、なんかしらないけど全身傷だらけじゃないですか!切り傷やら打ち身やら、なんかいろーんなところにイタイタしい傷痕がくっきり。

むー。全く覚えがありません。

更に調べてみると、コンタクトレンズが片目だけに入っててひとつは行方不明。つけてったはずの指輪もなく、ポケットには身に覚えの無い千円札。

謎はすべて解けた!(うそ)

ってゆーか真剣になにがあったのでしょうドキドキ。その後同窓会のお誘いが無いあたりに重大なヒントが隠されているっぽいですが(えー)、ただ単に実施してないという可能性もあります。む。

や、実際に随分年月が経ってからの初めての同窓会だったしー(と、自分に言い聞かせる)。

というわけで、「酔って記憶を無くす自分」というものが実に怖いわたしです。記憶をなくしたことなんて、後にも先にもその一回きりだったからなおさらです。

なにしろ、普段は清楚で可憐、しかも優雅というわたしですから(えー)、そのような極限状態のときは正反対の人格が抑圧から解放されたがごとく大爆発、という可能性もあるのですヒィー怖い。

しかし、逃げてばかりいられません南郷。このトラウマに打ち勝ち、すべてを受け入れたときに真の能力が開放される、というお約束があるはずなのですから!(えー)

というわけで。

真相を解明するためにも、わたしに死ぬほどのアルコールをおごってくれる人を大募集!(えー)

 
 
      
08/09 

<夏の日>

えー、一昨日のアレですが、大阪と兵庫と千葉から「知らねえ」という答えが返ってきたのみで、どうもやっぱりローカルだったらしいです。

では、あらためてご説明いたしましょう。北海道の七夕を。ふふふふふ。

…暗くなった頃、公園などに子供たちが集まりだします。手に手に灯りのついた提灯を持って。

ある程度集まると、数人ずつの集団で散っていきます。暗い中、幾つか集まりつつ移動する提灯の灯りはあたかも精霊流しのよう。線香花火が見えますか…空の上から…。

散っていったグループは、めぼしい家を見つけて玄関の前に陣取ります。

そしてそこで大声で歌うのです。例のヴァイオレンスソングを!

恐怖にかられた住民は泣く泣くお菓子やろうそくなどを子供たちに謙譲します。そうでもしなければ、恐ろしい報復が待っているのですから…。

そしてその儀式は町内のすべての家が被害にあうまで終わらないのです。

…町は一晩にしてイナゴの大群が通り過ぎたかのような状態になります。兵糧が足りない!火計だ!火を放て!無駄だ!呂布の知力で火計が成功するものか!(えー)

このような恐ろしい儀式が毎年、8月7日に行われているのです。それが北国の七夕…。

ってゆーかまじめな話、普段お菓子とかまったく食べない我が家に来られた日には、真剣に怖いですよ、ほんとに。とりあえず去年は居留守で乗り切りましたが(えー)。

 
 
      
08/08 

<昨日の話は思いっきりローカルだったかもしれない…>

海上保安庁もなかなか大変なようで

なにしろ油断してると、GLAY目当てにどこぞの国の水中スクーターとか潜水艦とかサンマ漁船とかが群れをなして来てしまうわけですから。

GLAYは守って欲しいですね。死者を利用して売名行為を働くどこぞの(中略)とは違って、有珠山の被災者への寄付とか、地元への行為ってだけに素直に取れるので。

まあ、サンマ漁船はともかく(えー)、問題なのは記事の後半。

>熱狂的なファンが海に飛び込むのを防ぐのが狙いだ。

いやん。

どうやらGLAYのファンは阪神ファンなみのレミングスらしいです(えー)。

うわ、見たーい。超見たーい。とりあえず海に向かう群集の先頭で笛吹いてみたーい。

>約8万人のファンが集まる

8万人のファンによるド迫力のダイヴ!GLAYを見ると海に飛び込まずに入られない!きっとGLAYほどじゃなくても、グレチキ見ても川に飛び込むくらいのことはしてくれるのではと!(えー)

 
 
      
08/07 

<最近は提灯持たないのかなー>

わたしの地元では今日が七夕でした。

♪ ろーそくだーせーだーせーよー

という声があちこちから聞こえてきたそうですが、わたしはその時間はまだお勤めしておりましたので、直には聞いておりません。

ってゆーか、あの歌は全国共通なのでしょうか?

わたしらが子供の頃は、この後

♪ だーさーないとーひっかくぞー

と続きまして、

♪ おーまーけーにーかみつくぞー

ときました。

でもその後はまったく覚えてません。むうー。このまま続けば、きっとかなりヴァイオレンスな展開が待っていると思われるのですが。

…というわけで、あなたの地方のヴァイオレンス七夕歌詞を教えていただけませんか?

 

わたしの予想では、この後は

♪ うーそじゃないぞーほんきだぞー

(セリフ)「おいっスレッジハンマーの準備はいいかっ!」「へいっ親分!ここに!」「よーし、野郎ども!最後の警告だっ!」「いえっ、さー!」

♪ こうかいしてもーしらないぞー

(セリフ)「ごー!」

というわけで、応対しなかった家がまた一軒、玄関を破壊されて備蓄食料を軒並み食い荒らされるわけです。ああー、子供がこわいー(えー)。耳を澄ませばほら、子供たちの勝鬨が聞こえてくるではないですか。

♪ はいりはいりふりはいりほーはいりはいりふりっほっほー

(セリフ)「巨大になれよ」

 
 
      
08/06 

<第5弾ー>

えーと。順番からすると今日は『海からあがったら血まみれ』なのですねー。

ってゆーかこれはあまり面白くない。や、血まみれに面白さのレベルがあるのかと問われたら、ダッシュで逃げる準備くらいはしているわたしですが(えー)。

だって、岩場の海水浴場で血まみれになるのって、普通じゃないですか!

こう、中指の先から二の腕まで綺麗に赤い一本線(裂け目とも言う)が入ってたとか!

友達を驚かそうとザバー!と海から出てみたら必要以上におびえられたので、不思議に思って訊いてみたら額が裂けてたとか!

ほーらね普通普通(えー)。

でも、血まみれになっている自分に気がついた後、こっちにむかってくる黒いじゅうたんを見たときは「た、食べられるっ!」と思って心底怖かったですけどっ!!やつらー、絶対わたしの血の匂いをかぎつけて来たに違いないのですよ!!

ええ!黒いじゅうたんです!大量のフナムシです!こーゆーときはアレだ!シャコが好きな人を連れてきて、全部食べてもらいましょう!!(えー)

 
 
      
08/05 

<ぱそぴあ姉さんのお便りコーナー>

こんばんはー!ぱそぴあ姉さんですよ!今日はこないだの血まみれアンケートでの『一言通信欄』にちょこっとばかりレスを付けたり付けなかったり!

バイオレンスだわっしょい。

ワショーイ!次のお便り!

「姉の手で血まみれに」とかはないでスか?

おうっ!長年姉に虐げられてきたわたしですが、さすがに故意による流血沙汰にまではなったことがありません!過失なら何度も何度もありますけど!(えー)

そうですねー、一番地獄を見たのは、幼児期の夏の日。食べかけのアイスキャンディーをほおばったままのわたしは、座ってた姉に「おねーちゃーん!」と後ろから抱きついたのですが。

突如立ち上がった姉の後頭部により、アイスキャンディーの棒がもののみごとにのどの奥に突き刺さりました(ぎゃー)。

ヘタしたら死んでますね。はっはっは。ってゆーか悪いのはわたしじゃん!(えー)

次のお便り!

俺は飲み会の翌日、目覚めたらゲ(検閲)で便器に頭を(以下略)。 GOLI

「便器に頭を(以下略)」……えーとえーと、ズバリ!「便器に頭を突っ込んで抜けなくなった」だと名推理しますけどどうだっ!!(えー)

もちろん「ゲ(検閲)」っていうのは「ゲラッゲラッゲラッゲラッバーニンラ〜♪と狂ったように歌いながら!!」というのは決定済みです!!(えー)

やー、すごい!さすがのわたしの血まみれ体験も、あなたの趣味には負けます!(趣味?)

ぜひ、お見合いの席でも「ご趣味は…」と問われたら上記のような答えを!そしてその結果をぜひウチに投稿していただきたいと!待ってまーす!!(ええー)

 
 
      
08/04 

<芸術的ミス>

2chに最近できた板で、『なりきり板』ってとこがありまして。なんかざっと眺めただけでもそーぜつにいい感じな世界が広がっています(笑)。

その中のひとつ、『わしが男塾塾長江田島平八である!!』スレッドに大注目。

ってゆーか、男塾塾長・江田島平八のなりきりさんがしでかした巨大な過ちに腰砕けまくりアゴはずれまくりのーみそとけまくり(名前欄…)。

直後の、虎丸による「じゅ、塾長ーーーーーー!!!」という突っ込みも、読んでる全員の心の叫びを代弁してくれてていい感じー。

<第4弾>

猫のアレなんですけど、今日見直してたら『よりぬきコラムさん』にありましたわー。

そんなわけでコピペでお茶を濁してみたり(えー)。…まあ、そのまんまなのもアレなのでちょっと付け足しをしてみたり。

なんとなく昔行ってた美容室を思い出しました。

そこにはなぜかわたしだけに良くなついてくれてた黒猫がいて、順番待ちでソファに座ると、すぐに膝の上に乗ってきて…一緒にぼへーっと過ごすのがとても幸せな気分だったのです。

ぼへー。ごろごろごろ。

ぼへー。ごろごろごろ。

順番が来たらそっとお腹を押してやると、素直に横に動いて、終わるまで待っていてくれたっけ。

それを見てうらやましがった小さな女の子が無理矢理膝の上に乗せようとして、逃げる猫と大暴れ(笑)。

さて。問題はこの女の子が、このお店の子だったというあたりで…このお店は、住宅も兼ねている所だったのです。

というわけでその日以降、わたしが猫といっしょにぼえーっとしてる時、常に背中に突き刺さるような視線を感じるようになりました。こっそり伺ってみると、物陰から例の女の子がじー…っと。

気になる。

困った。このままではぼえーっとできない。なにやら憎悪すら感じる気もする。はらはらはら。

そして今日も、わたしが立ち上がった後に猫を追い掛け回す物音が背後から聞こえてきます。

居辛い。

…というわけで、しばらくして、店を変えました。もともと、猫がいたから通ってただけだし(えー)、腕はむちゃくちゃ下手だったし(ええー)。

これまた過去に書いた記憶があるのですが、次のお店の先生に「うわ!こんなカットなのに、よくちゃんと見えるようにセットしてたね!」とわたしが誉められたくらいですから(えー)。

 
 
      
08/03 

<ねむいー>

お盆が近づいてまいりました。

14 名前: おぼーん 投稿日: おぼーん
おぼーん


15 名前: おぼーん 投稿日: おぼーん
おぼーん


16 名前: おぼーん 投稿日: おぼーん
おぼーん


17 名前: おぼーん 投稿日: おぼーん
おぼーん


18 名前: おぼーん 投稿日: おぼーん
おぼーん


19 名前: おぼーん 投稿日: おぼーん
おぼーん


20 名前: おぼーん 投稿日: おぼーん
おぼーん

…すいません。素直に寝たほうがよさそうです(えー)。

 
 
      
08/02 

ああっ武富士のCMがちょっと変わってる!

<www2.to/d-4/>

今の職場、ちょっと居心地よすぎ(えー)。

さて、そんな居心地のいい職場で日々思ってることがあります。

「えー、そんなドメインほんとに取っちゃうのお客様?なんかメルヒェン入ってない?後で絶対後悔すると思うよってゆーかそうなっちゃったらもう遅いよ?そう、あたかも小学生のときに絶対名前には見えないような恥ずかしいペンネーム名乗っちゃって、しかもそこそこ有名になっちゃったから後には引けなくなっちゃって、せめてもの抵抗で自虐的にちょっと変えたPNでウケを取ろうとなんかしちゃったりしてた某マイコンBASICマガジンでむかーしむかし常連やってたPASOPIA7ユーザーみたいに!」

ってゆーかソレわたしじゃん!(えー)

ぬっはー、やっぱりわたしもメルヒェンですか!わたしもあなたもメルヒェン仲間!そうかっ同類だったんだねわたし達!さあ共に手を取り合って踊ろうよ歌おうよあのお花畑で!

「♪みちにたーおれてーだーれーかーのーなをーよびつづーけたーことがーあーりーますーかー」

…というよーなことを毎日(えー)。

 
 
      
08/01 

<おもひでゾロゾロ>

えーと、確か数日前の裏ニュースだったと思うんですが、「雪の日にピザのデリバリーを頼んでも配達してくれない」って記述がありまして。

…生ぬるいっ!!(えー)

これだから南国はだめだっ!…いや、たぶん向こうはバイクなんでしょうけど。

ってゆーかたかが雪でダメになる社会がまず理解できない雪国北国恋の国(ローカルAM局アナウンサーが歌ってた歌の名前)の住人ことわたし!

ってゆーかノーザンピザデリバラー(間違い気味)にとっては雪道こそが本領発揮の時ですよ?

今こそ自分のテクニックを披露するとき!低速でも即ドリフト可能!紙コップに入れた水さえこぼれなければピザだってくずれません!(パクリ)

ってゆーかちょっとばかり無理したって、突っ込む先は大抵雪山ですから大丈夫!(えー)

おおー思い出します豪雪のあの日。止まったら最後、二度と抜け出せない地獄の積雪!こんな除雪車も来ないような山奥から頼むなぁー!…じゃなく、果敢に挑戦するドライバー達!

♪かぜのなかのすーばるー

 携帯でお客様に謝りながらの宅配。

♪すなのなかのぎーんがー

 吹雪の中、凍りついたガラスとワイパーに見切りをつけ、窓から身を乗り出しての運転。

♪みんなどこへいーっいたー

 止まってしまった車を進ませるために、タイヤの下に敷いたジャンパーはズタズタに。

…いや、プロジェクトXネタはもういいから(えー)。

♪いまはこーんーなーにーかなーしくてー♪なみーだーもーかれーはてーてー

いや、それはちょっと違う(えー)。

まあそんな中、道を塞いで停まってるRVには正直殺意が芽生えましたね!もうまったく!

そしてたどり着いたお客様のお宅!

玄関に向かうまでの間にズルっと盛大にコケたこともあります!あのときは完全に仰向けになりながらもピザを持った左手だけは高々と上にあげて、見事に水平に保ってたのが我ながらすごかった!お客様と一緒にハラハラしながら中身を確かめて、完璧に無事だったときのあの時!お客様と笑顔で見詰め合ったあのときめき!(えー)

とゆーワケで、いったい何が言いたかったのかすっかり忘れてしまいましたが(えー)、雪の日とかはそれなりに大変なので、ちょっと遅れたからといって熱々のピザをわたしの顔に投げつけたりせずに(実話)、ちょっとばかり暖かく迎えていただければなあ、と。

 
 
index
2001/07c
menu
page top