index menu previous
    

09/30 : 台風またひどいデスねえ……

 
     

おはようございマスっ今日はyamaさんの描いてくださったチェき(多分)モンクでご挨拶デスよっ。

ところで関係ないケド、先週から実はこのサイト、びっみょーに背景のグレーを暗くしてたりするのデスよー。目が疲れないようになってればいいのデスけどっ。

 
     

さてっラニメなのデスよーいつものように前半デスっ。

どこそこからのパクリがどーとかは他所様に期待してくださいネっ。

冒頭部分が始まると、まずもう出番が無いと勝手にチェきが思ってたあの三悪さんがいきなり揃ってテレポートアウトしてくるデス。

以前いつのまにかいなくなってたと思ってたら、しっかり悪ユーファさんにポータルくらってたらしいデスねっ。

付近の怪しい雰囲気に「逃げるんだよぉ〜〜〜」とついつい人のいそうな建物が見える方向へ駆け出してしまう姐さん&縦さん横さん。

しかしそこはしっかり悪の居城なのデスっ。

 
 
     

 

さて本編は先週の「ユ」からの続きデスっ「なぜなんだ……どうして……」と倒れ付すロアンさんを見下ろして「うっふふふふふ……あははははは……」と邪悪な笑みを漏らすユーファさんっ。

 
 
     

そんな悪笑いをバックにサブタイトルぽんっ。

さあーいよいよ最終回始まりデスっ。

 
 
     

 

場面は変わって前回落っことされてそのまま気絶してるまーちゃんと、ダークイリュージョンとかっこよく交戦中の黒乳弁さんなんぼのもんじゃーいっ。

「イルガに頼まれたんや……ロアンのトコへは、絶対行かさへんでぇえーー!!」

 
 
     

そして引き続き交戦中の兄さんズ!

「ひっひぇひぇひぇイルガ、ここだぁ、ここで全てが始まったのだぁ」

「そうさキーオ……そして全てをここで終わらせる!」

ラニメなのにラニメっぽくなく動きまくる先週と今週っああっ他のアニメと比較しちゃだめデスよ?(えー)

キーオ兄さんのあのおっきな剣も今回ちゃんと重量感を感じさせつつぶんまわされるデスっ。

「どーしたぁ?全てを終わらせるんじゃないのかイルガぁひぇっひぇっまあいい、所詮貴様ら人間はもうすぐ死に絶える……」

「ロアン達がそうはさせない……!」

「そのルルォアンも今ごるぉはあ、愛する者の腕の中で死んでいるだるるぉお」

「なにっそれはどういう……」

「死んでロアンに訊いてみるるぉお!」

どばあんと背中から何か生えてきたデスよっちなみにチェきはセブンフォートレスはほとんど知らないのでその辺のきくたけさんに訊いてくださいっ(えー)。

 
 
     

「ロアン……聞いている……?わたしはねぇあなたの欲望のはけ口じゃないのよ。わたし、わかったの。あなたがわたしをどんな目で見ていたか……」

ちがう……違うんだ……僕はユーファを護りたかったんだ……

「そして、わたしを自分の物にしたかったんでしょ?」

そんなことない……僕は……ユーファに振り向いて欲しかったんだ……そのために力が欲しかった……でも

「でも?」

でもそれは、間違いだって気付いたんだ……僕を見て、どう思うかは、僕が決める事じゃない。……ユーファが決める事だ。大切なのは力じゃない。心だったんだ」

「心」

「そうだ……心だ。人は心を繋いで、初めてわかり合えるんだ……」

「そぅ。じゃあ、今のわたしの思いはわかるわね。ロアン……」

となんか手から聖水剣みたいなものを出して、某ゲームのオープニングでの藤崎詩織さんのように口パクで何事かささやく呟くユーファさんっ。

 
 
     

「んでゅひひひぇひぇひぇひぇひぇっひゅひゃっはぁー!ここが世界だぁ!イルガぁー!そしてわたしがあーいだぁ!!わたしがお前の求めていたあーいだあー!!!

「違うなぁ」

「んなにぃい?

「俺が求めたのは、我が最愛の友だ……」

「俺が最愛の友だぁー!!」

イルガさんのソニックブロウをもあっさり止める謎の背中脚っ。

「イルガァー!お前にあるのは死だけだぁー!なのになぜえ!命の炎を燃え上がらせるうー!」

「わからないのか、我が友の為だ」

と高いところに登ってイルガさんっ。

「我が愛しき友を取り戻す……その為なら、我が命、燃え尽きようとも構わない!」

キーオ兄さんはそれを追って背中脚でずんどこ壁を這い上がってくるデスっ。

 

「ひゃっはー!!ぞごだぁー!」

もう後ろを見ることも無く背中脚で背後のイルガさんをふっとばすキーオ兄さんっ。

ひひゃひゃうぇっひゃは甘いなイルガぁ……」

「甘いのはそっちだろう……!」

と片方先っちょが無くなってるデスっ。

既に痛覚も失ってるのか、言われて初めて気付くキーオ兄さんっ胸のあたりの蜘蛛っぽい目がうわあー気持ち悪いっ。

「ぶるるるるぁあああー!!」

「友よおおおー!!」

「イルガァアー!!」

「キーオー!!」

どごぉーんっと爆風があたりを包み込むデスっ。

 
 
     

 

爆煙が晴れてきたとき、そこにいるのはあのおっきな剣がまるまる刺さってたイルガ兄さんと……ああっアングルによって剣の角度が違ってるのはきっと、刺さったあと自ら回転して致命傷を与えるとかゆー魔剣だからデス。多分(えー)。

 

そしてもう一本の方をおなかの傷に付き立てられたキーオ兄さん。

倒れたあと、キーオ兄さんのあの傷はぐにゅぐにゅと無くなってゆくデス。

 

「イルガ……」

「……!キーオ……」

「友よ……我が最愛の友よ。すまない」

「……っ!キーオ……」

最期に正気を取り戻したキーオ兄さん……そしてそれを慈しむようになでるイルガ兄さん。

「ありがとう……」

「いいんだ、我が友よ……全て終わった……全て……」

静かに息を引き取るキーオ兄さん……。

 

と思ったらいきなり怖い顔で起き上がるデスっ。

そしてダークロードの声で「本当に感謝するぞぉ?これで全てが完成するぅ!お前の友への想いが!世界を滅ぼすのだぁ!!」と絶叫っ背中からクリスタルが出てきて飛んでゆくデスっ。

そして再び倒れるキーオさん。

「キーオ……!すまない……ユーファ、ロアン」

しかしイルガさんは力尽きてしまうのデス……。

「……ジュディア……」

 
 
     

そして同時っ。

イルガさんの死を察知した黒乳弁さんっ。

「イルガァアアアー!!!!」

そして時を同じくしてクリスタル揃い踏みして復活するダークロードっ「ふはははっはうわっはははははっはっははっは!ついに!ついに揃った!この世に溢れし闇の波動!人心を惑わせる、七つの欲望!今こそ我は蘇る!この世に災いと恐怖を!世界は我の物ナリー!」

もすぬごいハイテンションなのデスっはっちゃけっぷりデスっ大興奮してマスっ。

 
 
     

さてそのころロアンさんは、不思議にょっきり剣を手から出してるユーファさんを優しく抱きしめてるところだったデス。

案の定そのまま刺されてしまうロアンさんっ。

でもそれでもロアンさんは更に強くユーファさんを抱きしめマスっ色んな意味で辛そうっ。

「ユーファ……愛しているよ……」

そんなロアンさんを、まるで汚いものでも見るかのような目で睨みつけているユーファさんがもすぬごく怖っ!

 

世界中に響くGMメッセージっ(えー)。

「うわっははははははゴミどもがー。目障りな(←?よく聞き取れマセン)ゴミどもがぁー!うわーはっははっはっはっは!我はダークロード!この世を混沌に導く者ナリー。人間どもよ、よく聞けー。お前達の時代は、終わりの時を迎えたのだー!がーっはっはっはっははははは!ぐあーっはっはっはっはっはっはっは!」

なんか文字で書くとえらく可愛い台詞を吐く魔王様デス(えー)。

 
 
     

というわけで前半終了っなんかもすぬごく疲れたデスよっアニメGIF作る時ってわざわざセルと背景を手作業で分離するよーなとこからやってるのではふんー。

 
 
ばる >最近は文庫でセブンフォートレスやらナイトウィザードやらのリプレイも出てるしそれなりに有名でないのかなぁ>カニアーマー
悪萌え >ゼフェル先生はどこいっただー。・゚・(ノД`)・゚・。
UK >爆烈神官サライがいればDLなんて(TRPGネタ)
1TRPGプレイヤー >ベ・・・・・・ベガオ(マテヤコラ
邪神もっこす >MEよりも聖体連発のほうがDLには強いのよ・・・アコ二体用意せよ!
キーオの >最後の能書きはいらなかったと思う。更に駄作度アップ・・・。クリスタルが勝手に出てくるだけで良かったろうに・・・
;'ω')y-~~~ >カニアーマーってけっこうメジャーだったのね・・・
アニメ見たいorz >イルガの死に涙してしまった人(3/20)
ばる >そいやきくたけセンセもROやってるんだよねぇ
>ユーファきもすぎ
単に >スパイダーマン2の映画みただけなんじゃない?あれで壁昇ってるシーンあるからあれやりたかったんだろう。今まで散々超ジャンプしてたのに、触手でワサワサと壁昇る意味なんか殆どないけどね・・・
うわぁ >すごい・・・もっこすがぁぁぁぁ
石田さん >ダークロード最高
上月アレ >『マジで蟹アーマーだわさ』『なの』
キター >(コバヤシタキジじゃないのかという突っ込みは不可デス)
キター >蟹アーマーキターw どうせなら、蟹光線(イブセマスジー)も出して欲しかったなぁ
っ(´Д⊂ >モモーイは永遠に僕らのネ申さ!!
peta >すいません、倒れてるデコ助のデコが、青ルナティックに見えるんですが。
(>д<) >アンセブ解散宣言に涙してしまった人(1/20)
背中のヤツは >アリスちゃんを彷彿させますね
小岩井ぼにう >これが某聖闘士なら、みんな復活するんでしょうな。
ヾ( ゚д゚)ノ゙ >壁を登っているあたり、あれは○火の炎の某魔導具より蜘蛛男2の蛸博士のほうが正しいな
最初 >三悪さんたちが現れたときのバックのグラスとヘイムがディズニーランドに見えますた
(;´Д`) >黒乳弁・・・パイパ・・(ウワーナニオスルー
脚本家が >他の作品からインスピレーションを受けてそのままパクってますので。ええ。背中のやつはあれで壁上りシーンやりたかっただけで、深い意味はありません。
背中のアレ >烈○の炎にあんな感じのが出てきたような・・キノセイだよね
なの >なぜにキーオ兄さんの傷は塞がったのかっ ●_●
DLって >実はMEダメージすっげぇ低いんですよw
便乗 >イルガの死に涙してしまった人(2/20)
⇔ω⇔ >壁登るキーオをみてMrオクトパスが浮かんだのは俺だけか
(ノД`) >モッコスといい、先日以来、やたらグロイ背景等が流行なんですが…こんな怖いならもう見ない!。・゚・(ノД`)・゚・。
最後は >MMOっぽくロアンPT全滅するも全世界の冒険者が駆けつけ一致団結しダークロードに挑むわけですね?3バカもビビりながら必死に戦ってチャンス作ったりとか。
wanasi >カニアーマーΣ( ̄□ ̄; イブセマスジー!
Gokky >イルガさんって両刀?(違
(゚∀゚) >これはいいカニアーマーですね
札幌人 >イルガの死に涙してしまった人(1/20)
>バート先生… 。・゚・(ノε`)・゚・。
100 >もっこす〜アイシテル〜
えいじー >二丁ボウガンの黒乳弁はえらくスタイリッシュですね
(*・∀・) >もちつけ黒乳弁、なんか 履け
ラカン >ロアンも死んで ダークロードは全世界のプリのMEで即死それで エンディングなら 面白そう
ARMS >っていうかキーオ兄さん=ドラッケンのアイツ。
thorシン >・・・えっ!?ユーファさんの手から出てきたあの剣みたいなやつってシャイニングフィンガーソードじゃないんですか!?w
クアー >この調子の作画で毎回たたかってれば本編の評価も・・・シナリオがだめなのであがらない・・・シナリオ正道でもいいからもっとましならあがったと思う
御影紫苑 >イルガさん死んだあとの黒乳弁にも驚きましたが、聖水剣とかネタが・・・グルグル?
あれだ >今ので何人死んだy
>黒乳弁さんのポーズが「ク○リンの事かー」に見えたのは秘密です(´-`).。oO
tm >おもいっきりスパイダーマンだね
やっぱり >あれスパイダーマン2ですよね
煤i; ̄凵P) >怖っ、ユーファさん怖っ!!
[;゚w゚] >どこに行くの兄さん、待って兄さーーん!!
ぐぅ >キーオの胸のやつが犬夜叉の奈落のと同じに見えた・・・
ろさきーにゃ(='ω') >UFPのルックス500%低下しますた
r >ヒルコ/妖怪ハンターかとおもた。
また・・・ >何度目のニアミスだよ_/ ̄|○
衿清淦 >アルゴスcの特殊効果発動
ette >あれ、ゼフェルせんせーは?orz
|ω・`) >ポギー司郎っぽいのが…
なんか >キーオがスパイダーマン2の敵さんに見えた。後は剣が刺さってるはずなのに違和感なく倒れる二人あれだと倒れる前に柄が地面に当たって体突き破りますよ
GJ >へーベルハウスがかなりヨカタ( ・w・)b
(((( ;゚Д゚)))) >ニイサン、キモい!!キモいよぉ・゚・(ノД`)・゚・
-ω- >神出鬼没のアコさん、ビニットさんの近くにまた居ますねー
あれ? >前回のネタバラシはどこに〜〜〜〜〜
ゆーふぁ >怖い 怖すぎる
第五 >イブセマスジー
シノオカ >Qちゃん練り餌に触れると人を激怒させる匂いが発生する体質だったこともありますな、燃えよヒカル。
・∀・ >もっこすキモすぎて吐き気がしてきました
カニアーマー着用 >世界の危機がころがってましまうま
あれは >量産型カニ・・・じゃない、クモアーマーか?
K >邪、邪神も○こす降臨!?
>アニメ見れない地方の人間なんですが黒乳弁さんの足付きアーバレストは何処に行ったのでしょうか?もしくは俺の見間違い?
UK >遅い時間の更新、お疲れさまでした。
屯屯 >もっこす、
|_・)物陰から >ダークロードナリよー…つぼだ…(ノ∀`)アハハ
くっ >おしかったぁぁ・・・
(ノ∀`)タハーー >ラニメも最終回だけ見逃してくるチェきも見逃した〜
(・∀・)ノ >くるチェきげっと?
猫まっしぐら >げはっ、本当にあと5分も早ければ…
(ノ□`) >ニアミスって奴ですか(゚Д゚≡゚Д゚)!?
基本は10分放置 >もぬすごい時間にくるきぇきが・・・
学校前に >初くるチェきげとーーーー♪
>初ゲットだ
>げっと〜
七瀬 八重 >やった〜〜くるちぇきげっと〜〜!!
index menu next previous